日々の活動の様子

2月2日(木) 立会演説会

今日は、来年度前期児童会本部役員の立会演説会が行われました。

立候補者は、「元気よくあいさつのできる学校にしたい。」「名札をつけて名前を覚え、友達を増やせる学校にしたい。」など、倉梯第二小学校を良くしていくために取り組みたいことを、堂々と伝えました。

応援演説者は、倉二を引っ張ってくれる代表にふさわしい立候補者であることを、しっかり伝えることが出来ました。

みんな、真剣に演説を聞き、立候補者たちがどんな学校にしたいのかを自分なりにとらえ、倉梯第二小学校の児童会の一員としてよく考えて投票しました。

2月1日(水) 新1年生体験入学・説明会

今日は、新1年生体験入学・説明会が行われました。

5年生と1年生が、来年度入学予定の新1年生と交流しました。

5年生は、おにごっこや新聞折りたたみじゃんけんゲームをして、新1年生とふれ合いました。

1年生は、手作りのボーリングや絵あわせゲームなどで、新1年生とふれ合いました。

そして、「春になったらまた会おうね。」という気持ちをこめて、折り紙で作ったプレゼントを渡しました。

5年生や1年生が、みんなで考えた遊びに、新1年生もとても楽しそうな表情でした。

倉二っ子のみんなは、4月から新1年生のみなさんと一緒に学校に通えることを、心から楽しみにしています。

1月30日(月) 「第24回 地球社会を生きる作文」受賞作文を校内で発表

 舞鶴ユネスコ協会が市内の小中学生を対象に募集した平和・人権・環境をテーマにした作文「第24回 地球社会を生きる作文」に応募した中から、本校5年生の児童2名がユネスコ賞、優秀賞をそれぞれ受賞しました。全校集会で伝達表彰式を行っていましたが、1月30日(月)、終わりの会の時間に校内放送でそれぞれの作文を全校で聞きました。
 全校からも「いい作文やなぁ。」という声がたくさん聞かれました。「環境」や「環境と自分との関わり」について考えたり、作文の書き方を見つめ直したりするよい機会となりました。


【ユネスコ賞】
 環境問題について

                             

 「環境問題」という言葉を聞いても、ぼくはあまり興味がなかった。なぜなら、ぼく自身は特に何も困っていないから問題が起こっているという実感がわかないからだ。だから、自分に何ができるかを考えたことすらなかったし、できることなんてないと思っていた。
 しかし、ぼくが無関心でいる間にも、環境問題はどんどん深刻化している。
 ぼくが何も考えずに出していたごみ一つが美しい地球から一歩遠ざけている。そう思えるようになったきっかけは、舞鶴市一人が1日に出すごみの量が901グラムと知ったことだ。1日でそんなにもごみを出したら1年間でとんだもない量になってしまうのではないだろうか。そのごみがぼくたちの地球を苦しめているのだろうか。今まで何とも思っていなかったぼくは、焦りを感じ始めた。
 「ぼくにできることは、何だろう。」
 ぼくは初めて真剣に環境と向き合うことができた。そして一つの考えが浮かび上がった。それは、みんながごみを減らすことだ。難しいことのように思う。でも、ぼくは実際にいつの間にかできていたのだ。例えば、マイはし。給食の時間にわりばしを使わずに、毎日自分のはしを持ってきて、洗ってまた次の日に使っている。誰もがやっている当たり前のことだ。でも、この当たり前がごみを減らして環境を守っていることにつながっていたのだ。そう思うとぼくは何だかうれしくなった。今まで、環境問題は難しいものだと思い込んで、目を背けてきた。でも、ぼくにもできることはあったのだ。
 ぼくはようやくスタート地点に立つことができた。環境問題を自分の問題として身近に考えることができるようになった。だからもっと自分にできることをしていきたい。環境を守る行動が特別なことではなく、当たり前になるようにまずはぼくからスタートだ。

【優秀賞】
 ぼくたちの与保呂川

 「楽しかったなぁ。」
と思わず口に出して言った。総合的な学習の時間にみんなで川へ調査をしに行った。天気は晴れ。水は冷たくて、おひさまの光が反射してきらきら光っているのが印象に残った。なんでこんなに楽しかったのか考えてみた。魚が取れたことが嬉しかったから。誰が一番大きな魚を捕まえることができるかを競争したから。全部間違いではない。でも一番の理由は、川の中を魚たちが気持ちよさそうに泳いでいる姿を見てわくわくが止まらなかったからだ。
 僕たちが調査をしに行った与保呂川にはたくさんの魚がいた。赤ちゃんの魚もいたし、大きく成長した魚もいた。この与保呂川で生まれて、大人になって、また赤ちゃんが生まれて、それが繰り返されている。それはすごいことだと思う。魚の赤ちゃんは、とても弱いからすぐに死んでしまうと理科の時間に勉強した。教室で飼っているメダカも、全ての卵がふ化して大人になったわけじゃない。だから魚のお母さんたちは、一匹でも多く大人になれるように、きれいな水を選ぶと思う。つまり、与保呂川は魚たちに選ばれ続けているのだ。
 与保呂川にはごみが少なかった。だが、ゼロでもなかった。水質自体はきれいだったし、魚がたくさんいるから、誰も困らないのかもしれない。でも、このごみ一つが、二つ三つと増えていってしまったら、魚たちは今までのように、この与保呂川にいてくれるだろうか。あの魚たちのように、気持ちよさそうに泳げるのだろうか。たった一つの行動で、川で暮らす生き物たちに大きな影響を与えている。僕はそのことに気づけて良かった。これから、自分の行動を変えられる。自分だけじゃなく、周りの人たちにも伝えられる。
 川に住む、すべての生き物のために。

1月30日(月) クラブ

今日はクラブの最終日でした。

地域のクラブの先生方には、1年間子どもたちに温かいご指導を頂きありがとうございました。

子どもたちは、今年度最後のクラブを楽しんでいました。

クラブが終わった後、1年間お世話になった地域の先生方に感謝状を渡しました。

優しく楽しく教えてくださったおかげで、子どもたちはいきいきと笑顔がいっぱいのクラブ活動ができました。1年間大変お世話になり、ありがとうございました。

1月30日(月) 心の授業(5年生)

今日は、スクールカウンセラーの角先生による「心の健康」授業を5年生が受けました。

“心と体はつながっている”をテーマに、体が健康であるには心も健康であることを心がけるように、心身のほぐしかたについて教えてもらいました。

日頃の心の疲れがたまって体の調子が悪くなることをふせぐために、体をほぐして心もほぐす方法も教えていただき、実際にみんなで体をほぐしてみました。

そして、良い心の状態を保つには、十分な睡眠時間・適度な運動・ゲームは一時間程度を心がけると良いということです。

心身の健康を保つために、とてもためになるお話をたくさん聞き、さっそく教えて頂いたことを実践していきたいと思います。

1月26日(木) 児童集会

今日は、児童集会が行われました。「1.児童会本部役員から月目標の発表」「2.校長からのお話」「3.給食委員会からの発表」「4.音楽委員会からの発表」がありました。

 

1.児童会本部役員から月目標の発表

1月の月目標は「給食を支えてくれている人たちに感謝の気持ちを伝えよう」です。

本部役員より、普段子どもたちの健康を考え、栄養のバランスの良い、美味しい給食を作って下さっている調理員さん達に感謝を伝える取組みのお知らせがありました。

給食にかかわっている調理員さんや業者さん達に、感謝の気持ちをこめてお手紙を書きます。

 

2.校長先生からのお話

校長先生からは、学校給食の歴史や、毎日食べている給食ができるまでにはたくさんの方々が携わっておられることなどの話がありました。子どもたちには普段何気なく「いただきます」「ご馳走様」と言っている言葉の意味を、もう一度考え直すよい機会となりました。

 

3.給食委員会からの発表

給食委員会からの発表では、調理員さんが給食を作る様子を「スライド」でみました。

私たちが普段おいしく食べている給食は、牛乳や野菜、お肉、パン等のたくさんの業者の方々に支えられて食べていることが、よくわかりました。

子どもたちの心のこもった感謝の手紙を受け取って頂く日が楽しみです。

 

4.音楽委員会からの発表

音楽委員会は1月に昼の放送で聞きたい曲のリクエストを、アンケートで各クラスに取っていました。そのアンケート結果をもとに、リクエストの多かった曲を各クラスごとに1曲、お昼の放送で流す予定です。どんな曲にリクエストが集まったのか、今から楽しみです。

1月21日(土) 6年生中学校入学説明会

今日は、6年生の中学校入学説明会がありました。

実際に青葉中学校の教室で、生徒会のみなさんから中学校生活についての説明を聞いたり、中学校の先生に授業をしてもらったりしました。

6年生の子どもたちはみんな期待に満ちた表情をしており、とても頼もしい姿を見せてくれました。

青葉中学校の先生は、楽しく興味深い授業をしてくださり、真剣に話を聞いていました。

中学に入学することへの期待と希望を実感した1日となりました。

1月21日(土) 学習参観日

今日の学習参観に、たくさんの保護者の方々におこしいただき有難うございました。

子どもたちは頑張っている姿を見ていただき、とても嬉しそうに勉強をしていました。

また、作品展もご覧頂き有難うございました。作品の工夫したところ、上手に作れたところ等、お家でも話題にしてあげてください。

 

1月20日(金) 校内作品展

今日から2日間にわたって、校内作品展を行います。

子どもたちが、今までの図工の授業に一生懸命描いた絵画や工作、クラブで作った作品を展示しています。

子どもたちもお互いの作品を鑑賞し合います。

明日の参観日にも作品展が行われております。子ども達が心を込めてつくった作品を、是非ご覧ください。

1月20日(金) 薬物乱用防止教室

今日は、6年生を対象に『薬物乱用防止教室』が行われました。

学校薬剤師さんが、違法薬物を使用することのおそろしさをお話してくださいました。

一度でも使用してしまうと、やめられなくなり、心や身体をむしばんでしまうことを教わりました。薬物のおそろしさや、誘われてもき然とした態度で断ることの大切さを学びました。

みんな真剣に聞いて、薬物のおそろしさを学んでいました。